借金返済マニュアル

122人の借金完済を実現した 本物のテクニックを網羅!
まず、
借金を何とかしたいあなたに質問です。


自己破産する人は…
増えている? 
減っている?


どちらだと思いますか?



実は・・・

<参考URL:http://homepage2.nifty.com/kinri-hikisage/tajuusaimumondai.html>







意外に感じますか?

そうですよね。

世の中には
「自己破産をお手伝いします!」
という

弁護士や法律相談所の広告が電車の中や雑誌の中でたくさんあります。


だから、
(借金が返せなくなっても
自己破産してやりなおせばいい)


と思っている人も多いかもしれません。

しかし実は
自己破産する人は減っているのです。


ではなぜ、
自己破産をする人が減っているのでしょうか?



という日本人にとって大事な道徳観もありますが、
実は返済を頑張るほとんどの人が
教えない理由があります。


それが、あまり知られていませんが
自己破産するデメリットが大きいのです。


自己破産によってこれまでの借金を
全部帳消し にできることは
とても楽な制度に思えます


ですが、実際にはそんな甘いものではありません。

自己破産をした場合には、相応のデメリットも発生します。
紙の書類を提出して終了
というような単純なものではありません。

何も失わないということはないのです。


ではどうなるかというと

まず、「一定の財産」を失います。

あなたが所持している財産の大半は差し押さえ対象となります。

まず一番大きいものは
・土地
・マイホーム
・別荘

といった不動産はすべて失います。

・支払中のローン
今までの支払ったお金が戻ってこないので
支払い損になります。


「今、私の家は賃貸だし、関係ない」

と思う人もいるかもしれませんが、
差し押さえられるのは不動産だけではありません。

・100万円以上の現金
・20万円以上の預貯金や株券、
・有価証券
・生命保険の解約返戻金、
・20万円以上の資産価値のあるマイカー


これらも全部、差し押さえられます。

あなたの手元に残るのは
・99万円未満の現金
・20万円未満の貯金
・資産価値のない家具・電化製品・服


これぐらいでしょう。

借金で困っている人が99万円も現金を持っていることなんてないでしょう。
お財布の中に1万円札が1枚あるかどうかも怪しいところでしょう。

しかも車まで取られてしまいます。

車が必要な地方の人や、仕事で車を使う人は
生活を維持することすらできなくなるでしょう。

いかがですか?

思った以上に取られる
と思いませんか?


さらに自己破産のデメリットは続きます。

もし、あなたに一定以上の財産があり、
管財人が選任されるような場合(管財事件)には

・引っ越し
・長期旅行

これらをおこなうときに
いちいち、



「自己破産もできたし、一度リセットするため旅にでも出よう」
こんなことは単なる夢に過ぎません。


さらにまだまだデメリットは続きますよ。


有名なことですが数年間は
・クレジットカード作成
・ローンの申込み

がほとんどできなくなります。


さらに自己破産者はブラックリストに名前が載るので、
・新規の借金
・分割払い


これらもできなくなります。


まあ、この辺は「自己破産」について勉強した人であれば既に知っているかもしれません。




デメリットは「仕事」にもおよびます。


破産手続きを開始して、免責許可が下りるまでは

税理士や社労士、弁護士といった人はもちろん
警備員、建設、不動産、証券、保険・・・
このような【資格】を使った仕事ができなくなることがあるのです。

免責許可はすぐに出ません。
場合によっては数か月待たされることもあります。

もし、手元に99万円、貯金が20万円あったとしても
仕事ができなくては、半年生活するのも厳しいでしょう。

独身で実家があれば良いかもしれませんが
家族がいたら、これは大変です。


しかも、会社員はもっと大変です。

最近のスピードの速いビジネス環境においては
数ヶ月も仕事ができないということは





となる可能性も高いのです。

いかがですか?
自己破産をするというのは、
「ブラックリストに名前が載る」
「クレジットカードが作れなくなる」
というような軽い問題ではないのです。

■今住んでいる家
■今乗っている車
■思い入れのある高級品
■コツコツとためたお金
そして
■家族や仲間との旅行
■仕事
■自分の家族の絆


これらをすべて失ってしまう可能性があるのです。

いかがですか?
これだけ失っても自己破産したいと思いますか?

「自分は一人だし、家族もいないから関係ない」

もし、あなたがそう思うなら、
自己破産が
「人様に迷惑をかける」
ということになるということを考えてみてください。

自己破産をすれば、自分の財産だけではありません。
家族の財産も失うことがあります。

だから、自己破産によって離婚する家庭も多いのです。


また、家族だけでなく、他人にも迷惑をかけるでしょう。
あなたの借金の「連帯保証人」がいた場合、
その連帯保証人が債務を負うのです。

「取れるところから取る」
というのが、金融のシステムなのです

ですから、連帯保証人に
債権者から取り立てがされるのです。

しかも連帯保証人は
借りた人よりも厳しい措置がとられます。


つまり
一括返済を求められるのです。


はっきり言って、
「分割で返せ」ではなく、
「耳を揃えて全部返せ」
ということをいきなり言われるのです。


連帯保証人がお金がある人なら良いですが
もし、何もない人ならどうなるでしょう?


あなた個人の借金で
他人の人生、他人の家族の人生
それまでを狂わせてしまうのです。


もちろん、全く善意で連帯保証人になってくれた人が、そのような被害を被って人生を狂わせるのはかわいそうなことです。

ですから、この問題については既に考慮がされていて

「自己破産は連帯保証人に黙っておこなうことはできない」

となっているのです。

これはどういうことかといえば



ということなのです。


つまり、自己破産をするというのは
失うものが多すぎて、
時間も手間もかかりすぎて
非常に大変な作業なのです。


いかがでしょうか?
自己破産は簡単に思われていますが、これほどまでに大変なものなのです。


それに、やはり一番大きいことは


と思いませんか?

だからこそ、
今このページを見ているあなたは
心の奥底で

自分で作った借金を踏み倒すなんてできない!
自己破産者というレッテルを貼られたくない!
家族に恥ずかしい思いをさせたくない!



という気持ちを持っていると思います。
本当に素晴らしいことです。


だからこそ、あなたのように
「借りたものは返したい」
「借金を完済して、信用を守りたい」
「借金を乗り越えて成長したい」

というあなたを私は応援したいのです。


あなたのような人がいなければ、お金を返さない人がどんどん増え続けます。
すると、お金を貸してくれる人はどんどん減ります。

あなたひとりが自己破産で済んだとしても
もし、あなたの家族が、手術や事故などで本当にお金が必要になったとき、誰も貸してくれなかったらどうでしょうか?


そんな世の中、嫌ですよね?


だからこそ、私は


と願うあなたを応援するために、この借金完済マニュアルをご用意しました。

申し遅れました。
はじめまして。私は鈴木と申します。

私は12年間、金融関連の会社に勤めました。

そして、実際にたくさんのお金の貸付や回収をおこなうなかで気がついたのです。
「借金をしている人は非常に多いが、借金を返せる人は少ない」
という事実です。

日本には「借りたものは返す」「恩を受けたら返す」という
道徳教育があるので、「借金を返したい」と思う人は非常に多いのですが、
実際にはほとんど返せない人ばかりなのです。

そして、私は「とあること」をきっかけに
仕事以外のプライベートの時間を使って
過去5年間で35件の借金完済の相談をしてきました。

その中で、借金で多くの人が悩み、
自己破産をした人がどれだけ後悔しているのかを知りました。

そして何よりも「お金は簡単に借りれるのに、返すことは難しい。
」「借金を返すための教育ができていない」
ということに気が付いたのです。

ここで私が借金完済手伝うことになった「とあること」の全容を聞いてください。

実は私には、幼馴染の友人がいました。
彼とは小学校から高校まで一緒で、地元でも数少ない友人でした。

彼は非常に頑張り屋で野心もありました。人情家でもあったので、
困っている人を見ていると放っておけない人でした。

その優しさから多くの人に慕われたこともあり、
小さな自動車部品工場を経営するまでになりました。
奥さんや家族の力添えもあり、社員も順調に伸びていきました。

しかし、「リーマンショック」により、会社は突然の開店休業状態。

運悪く取引先も連鎖的に倒産してしまったため、
本来もらえるはずのお金ももらえなくなりました。

友人は金策に追われました。
そして、結局多額の借金を背負いました。

友人はそれまでの人生で借金をしたことがありませんでした。

ですから、その借金の重圧と、仕事の過労から、倒れてしまいました。

あとはあなたのご想像通りです。

結局、友人の会社も倒産。個人的にも自己破産をしました。

しかし、その自己破産を機に、彼の家族は絆を失いました。
奥さんとも離婚、子供たちも奥さんの下に引き取られました。

彼は再起を図ろうにも、自己破産をしているため、銀行や友人からも借金ができません。

一度体を壊したこともあり、出来る仕事もほとんどありません。

そんな彼は今、以前の優しさなどなく、
人や世の中を恨むような生き方になりました。そのような彼を相手にする人はいません。

私の声も耳を貸しません。むしろ私を避けるようになりました。
彼は今、ひとりぼっちで。暗闇の中にいます。

このような悲しい現実を、世の中から無くしたい!
一人でも多くの人に、「お金の借り方よりも、返し方」
に関する知識をつけてもらいたい


そう思って、私はこのマニュアルを作成しました。



あなたも、私のマニュアルを数時間読めば、
そのあたりで債務管理のプロと名乗る人と
同じぐらいの能力を得ることができるでしょう。

しかも、長々としたマニュアルではありません。
あなたにすぐわかってもらい、実践していただけるように
「ポイント」となる部分だけをまとめました。

しかも、私のマニュアルは、
あなたが弁護士事務所に支払うはずだった費用の
10分の1、場合によっては100分の1以下
という金額です。

追加費用は一切必要ありません!

もし、まだ購入を考えているなら、
さらにあなたに質問させてください。




返さないで、「逃げる」なんて、
恥ずかしくないですか?


私のマニュアルを読み、あなた自身が借金を返せば、
・家族や他人に恥をさらすこと
・思い出深い財産を失うこと
・仕事や信用を失うこと
・将来お金が借りられない危機

これらのリスクがなくなります。

繰り返しますが、私のマニュアルは
過去5年、35件の借金完済のお手伝いに基づいた、
私の渾身の知恵です。

この借金完済の知恵を、
あなたは、弁護士に相談する費用の

10分の1のお金
で得られるのです。


さあ、今すぐ、借金完済を
あなた自身の手で、はじめてみましょう!


馬場さん <35歳 男性 神奈川県在住>

20代で始めた事業が失敗し、1000万円ほどの借金を個人的に負いました。
新しい事業もなかなか軌道に乗らず、一度弁護士を通じて債務者とも話をしてもらいました。
そこで毎月の返済額などの取り決めもされたのですが・・・

結局そのあとの事業もうまくいかず、払うことができなくなりました。
どうしようかさんざん迷って、何度か自己破産を考えました。
しかし、「自分で作った借金ぐらい自分で返せなければ事業はうまくいかない」と思った時にこのマニュアルに出会いました。

このマニュアルに出会えたことで、自己破産をまぬがれました。
まだ全額は返せていませんが、それでも残り20%ぐらいまで返済できました。
もう少しです。

お金を返すたびに、自分の自尊心が高まっていくことを感じます。
是非ひとりでも多くの人にこのマニュアルに出会ってもらいたいです。



吉岡さん <40歳 女性 北海道在住>

私は夫と、夫の両親と同居しています。
結婚して15年が経ちますが、私たちのあいだに子供はいません。
田舎ですので、それがどうしても世間の目を厳しくさせます。

そのため、夫とも夫の両親ともお互いに気を遣い合うような
とてもギクシャクした家庭でした。
そのギクシャクからくるストレスを、私は買い物で解消するようになりました。

買い物をしているあいだは、とても幸せな気分になれるのです。

そして、買い物を続けていく中で、「クレジットカード」を使うようになりました。
最初は「ポイントが貯まるから」という理由だったのですが、どんどんその金額は膨れ上がり、いつの間にか限度額の50万円まで借りてしまいました。

50万という金額は私にとっては大金です。
毎月5万円ほどのパートのお給料では全然返すことができません。

夫にも相談することもできません。
自分の両親は既に他界しているので、自分しか頼るものがありません。

夜の水商売のようなことをはじめるか、自己破産をするかを悩んでいたとき
このマニュアルに出会いました。

このマニュアルを最初は半信半疑で読んでいましたが、
やるしかないと思って実践してみました。

すると、2ヶ月ぐらいで借金が減っていくのを感じたのです。
そこからは早くて、50万あった借金が1年以内になくなりました。

このマニュアルは本当に私を救ってくれました。
ありがとうございます。

いかがでしょうか?
まだ不安ですか?
では、最後にこのマニュアルがどのような内容なのかをお伝えします。

本マニュアルの内容

  • 借金返済について
  • 債務整理と借り入れ
  • 借入の返済をまた借りる方法
  • 取立て対応の極意
  • 借金返済と自己破産
  • 多重債務にならないために
  • 借金返済と任意整理
  • 個人再生法の使い方
  • 借り入れを一本化する方法
  • 多重債務者の借り入れ
  • キャッシング利用の極意
  • ご利用は計画的にできない人の極意
  • 専業主婦の借り入れ
  • 学生のキャッシング利用について
  • 即日融資のポイント
  • 消費者金融の借り入れ返済について
  • もし借金をするならどこで借りるか?
  • 家族の借金問題の対処法
  • 借り入れ審査が通らないことの理由
  • ネット銀行の借り入れ注意事項
  • 返済方式を知れば怖くない
  • たった1回の遅延で全額一斉請求とは?
  • 金利の恐ろしさとは?
  • 生活保護の利用のポイント
  • 自動契約機のお手軽さの落とし穴
  • ローンの種類を知れば怖くない
  • 本当の返済計画の立て方
  • 借金返済の効率化の極意
  • 借金返済は甘くない
  • 「申込ブラック」とは?

さて、では最後の最後ですが、値段をお伝えします。

私はこのマニュアルで、あなたに幸せになってもらいたい
社会復帰ができなくなった、私の友人のようになってもらいたくない。
そんな思いでこのマニュアルを作りました。

価格3980円 

いかがでしょうか?
もし仮に弁護士に支払う費用が5万円だったら、何分の1でしょうか?
100万円だったら、何分の1でしょうか?

ぜひ今すぐ、決断して、悩みから解放され、素晴らしい人生を掴んでください。


 

画像はイメージです。

 


お申込みは今すぐこちらから
ダウンロード版 PDFマニュアル 全31ページ
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

 







これだけのサービスをそろえたものは、
世の中にそう簡単に見つからないでしょう。


これは、私があなたにお送りするだけでなく
世の中の一人でも多くの人に幸せになってもらいたいという願いなのです。






お申込みは今すぐこちらから
ダウンロード版 PDFマニュアル 全31ページ
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。

 

 

追伸:

あなたの貴重なお時間をくださり、
最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。

繰り返しになるかもしれませんが、このマニュアルは私が今までの人生のうちの、5年間を通じて得たノウハウです。

借金によって、身を持ち崩し、人生を台無しにしてしまった友人。
彼の元気で明るい姿が、脳裏に蘇るたびに、早く私がこのノウハウを体得して、教えてあげていればと後悔の気持ちにさいなまれます。
だからこそ、私のように苦しむ人を少しでもなくせたら嬉しいですし、もっともっと借金で辛い人生の壁に突き当たった人たちを、少しでも幸せにできればと思います。

是非最後まで読んで実践して頂ければ幸いです。



お申込みは今すぐこちらから
ダウンロード版 PDFマニュアル 全31ページ
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。